若いうちに済ませておく

悩む人

手術を受ける場合

日本人の男性器の悩みで一番多いのは包茎です。ある調査によるとおよそ3割の男性がこの悩みを抱えていると結果が出ました。この包茎ですが、真性と仮性があり、どちらも治療することは可能です。治療せずに生活を送っていると、高齢化した時にひどい匂いを感じるようになります。男性の中には高齢になってから治療を始める人は少なくありません。治療についてですが、真性の場合は保険が適用されるため、治療費は5万円程度になります。仮性の場合は保険が適用されないので10万円から15万円になりますが、手術であれば1日から3日で終わります。クリニックや病院によって治療費や診察費用が変わってきますので、事前にそのあたりの情報を集めてから通うようにすると良いでしょう。また、手術を進められた場合は、かかりつけの病院やクリニックで受けることをおすすめします。よくインターネット上の広告で仮性包茎の手術が格安で行えるという内容がありますが、あまり信用するのは良くありません。たしかに費用は安く抑えられますが、その分手術が雑になったりして、あとで困ることがあるからです。なので、かかりつけの医師と相談をした上で、手術をするのかを決めると良いでしょう。包茎の治療には何かとお金がかかりますが、若いうちに終わらせておくのが一番です。家族や周囲の人間に迷惑をかけないためにも、恥ずかしさはありますが、治療に専念すると良いでしょう。恥ずかしいのは最初だけなので心配はいりません。

Copyright© 2018 包茎は治療を受ければ治せる|情報収集をしっかりしよう All Rights Reserved.