男性

手術後は気を付けましょう

包茎手術は、男性コンプレックスを解放できるものとなります。しかし、手術した後は下半身の部分の徹底した管理が重要になります。担当したドクターからの指示には必ず根拠があることなので、絶対にドクターからの指示は守るべきです。

悩む人

若いうちに済ませておく

包茎の治療は若いうちに行っておくのがベストです。費用は包茎の種類によりますが、3万円から15万円ほどになります。なお、手術を行う場合はかかりつけの病院もしくはクリニックに相談をお願いをすると良いです。

男性機能を向上させる効果

カウンセリング

傷跡が目立たず美しいです

仮性包茎や真性包茎の人は、正常な状態の人に比べると亀頭が包皮に覆われているので、雑菌などが増殖しやすく不衛生になりがちなので、臭いなども発生しやすいです。刺激に弱いので早漏などの機能障害に悩んでいる人も多く、女性との交際に積極的になれない人もおられます。大変デリケートな悩みなので、同性にも相談しにくく一人で悩んでいる人が少なくありません。泌尿器科や専門クリニックを受診すると、経験豊富な医師が在籍をしているので、最適な治療法を提案してくれます。比較的軽度の仮性包茎の場合は、メスによる切除が必要なく、極細の糸を数本使用して縫合する治療も提案してくれます。メスによる切除が必要ないので、施術時間も10分程度で体に負担が少ないのが特徴です。真性包茎やカントン包茎で悩んでいる人は、手術による治療を提案してくれます。極細の針を使って麻酔を行うため、痛みを最小限に抑えることができますし、治療中は麻酔が効いているので、痛みを感じないので安心して下さい。泌尿器科でも治療が受けられますが、専門クリニックでは切開や縫合などをする時に、形成外科の技術を取り入れているので、傷跡がほとんど目立たず仕上がりが美しいのが特徴です。包皮が剥けた状態になることで、男性機能を向上できますし、見た目の印象も良くなるのでコンプレックスが解消できます。若い年代の人だけでなく、40代、50代になってから、治療を受けたい人も多いですが、プライバシーは厳守してくれるので安心です。

Copyright© 2018 包茎は治療を受ければ治せる|情報収集をしっかりしよう All Rights Reserved.